最高の筋トレをするためにやるべきこと

Uncategorized

こんばんは

ビルドブログです。

今日も一日暑い日でしたね。

皆様はいかがお過ごしでしたか?

さて、いよいよ夏が到来してきますね。鍛えている人にとっては、一年で一番楽しめる季節ではないでしょうか?

夏のために絞っている人、がっつり筋トレをして筋肉をつけている人、今から夏まで筋トレを始めようかなと思っている人。

たくさんいると思います。ですが、気温も高くなっていく中、筋トレを継続することも結構しんどい季節にもなってきています。無理をして、熱中症や夏バテに陥り、パフォーマンスやモチベーションを下げることがないようにしたいです。

そのためには、一回一回のトレーニングを充実させる必要があります!

トレーニングを充実させることができていれば、必然的に健康的な毎日を送れているということにもつながってきます。

毎日のトレーニングの質を高めるためには、

  1. 筋トレ1時間前には、固形物は入れない
  2. 朝起きる又は夜寝るときから一日を通して、水分を細目にとる
  3. 睡眠時間をしっかり確保する
  4. 固形物で糖質をしっかりと摂る
  5. トレーニングの目標を決める

です!

順序はさておき、

まずは筋トレ1時間前には、固形物を入れない!

1時間では、固形物のものにもよりますが、大抵のものは消化しきれず胃の中にたまってしまいます。その状態では、最大限のパフォーマンスを発揮することができず、不完全燃焼になってしまいます。

食べ物は最低2時間は消化するのに必要な時間です。

特に、ご飯ものなどは油物が混じっていると尚更、胃の中に溜まりやすくなってしまいます。

どうしても、時間がなくて1時間前にしか食べられない!ということでしたら、ウイダーゼリーやバナナ、羊羹など高糖質であり消化吸収が早いものを選ぶようにしましょう!

次は、簡潔にいうと水分をしっかりを補給すること!です

水分は、体です。水分がなくては、筋肉、内臓など体が持っている本来の機能を発揮することはできなくなります。特に、筋肉は水分が溜まっているから、パンプアップをするのであり、必要不可欠なものになります。

ですが、近年あまり水分補給をしない人が多いなと思います。

のどが渇いていないから~、水よりもジュースやビールの方がうまい。

など、水分として蓄えられづらいものをたくさん飲む傾向にありますね。

これでは、トレーニングもうまくできません。

最低でも、一日2~3リットルは摂るようにしましょう。30分~1時間おきに大体200ml近くの水分補給を細目にしたいところです。

水が一番いいと思います。スポーツドリンクなどはあくまでも、清涼飲料水となりますので、糖分がたくさん含まれております。どうしても、ジュースがいい場合はゼロキロカロリーにしてください。ですが、飲みすぎはくれぐれもご注意を。。。。

水分をしっかりとることで、筋肉に水分が貯蔵され、トレーニング時にパンプアップがするようになります。パンぷしない日などは、水分が少ないかも?

お次は、睡眠時間を確保する!です

睡眠をしっかりとらないと、体が休まらずだるい感じが残ってしまいます。筋肉も脳もリフレッシュできないことが一番の原因です。

睡眠がとれていないと、トレーニング以外でも頭や体が機能せず思うような一日を送れなかったりします。特に寝不足の日なんかはトレーニングせずに寝た方が賢明です

体を休めることは、筋肉を大きくすることにもつながってきますし、毎日の生産性を上げることにもつながってきます!

僕も、睡眠よりも筋トレとサプリメントだ!と思い込んでいた日もありましたが、今では寝れていない日にはトレーニングすることは絶対にしません。

力も出ないので。

筋肉が基本、大きくなるタイミングは寝ているとき。休息をとっているときにデカくなるので、寝すぎくらいがちょうどいいです。

理想は、眠くなったら寝て、目覚ましをかけずに自然と起きるのがオススメです。

さてとその次は、固形物で糖質をしっかりと摂ることです。

今は、プロテインやサプリドリンク、プロテインバーなど色んなフィットネス関連の食品が出てきています。正直、初心者の方は何を選んだらいいのか全く分からないと思います。

僕は、初心者の方にアドバイスをするときはこれしかいいません。

形物の糖質(米)をしっかり食うこと。

これ以外はあんまり言いません。なぜなら、僕も白米をひたすら食べる量を増やして毎日、最高なトレーニングをしていた時の方が、サプリやらプロテインに頼っていた時よりもでかくなり、重量もどんどん伸びていったからです。

日本人なら、白米は必須です。(体に合う合わないはあります。)

筋肉を動かすエネルギー源はグリコーゲン、グリコーゲンは糖質ですよ?

ほんとかよって思う方しかいないと思いませんが、こればかりは実際に体感してもらうしかないので、是非試してみてください。

和菓子なども糖質の塊で、米よりも消化が早いのでおすすめですよ!

僕は、減量で絞る時も白米の扱い方が成功か失敗を分けると思っています

最後ですが、

トレーニングの目標を決めることです。

トレーニングを目的によりますが、少なくともこの記事を見てくれている方の多数は、筋肉を大きくしたいという願望が強い方が多いと思います。

筋肉を大きくするためには、トレーニングも目標設定が非常に大切になってきます。

そんな難しいことではありません。

方法としては、前回のトレーニングの回数、重量を少しでも重くする、一回でも多くこなす。

これに限ります。

とにかく、前回の自分を超えていく。が大事です。

例えば、ベンチプレスを一カ月で2.5キロ上げていくとします。

12か月後には2.5×12で30キロ上がっている計算になります。

30キロって物凄いですよ。70キロ限界の人なら100キロ、100キロの人なら130キロ上げられるようになっていることになります。

1カ月たかが2.5キロ、その毎日、毎月の地味な積み重ねが大きく差をつけます。

まずは、前のトレーニングよりも一回でも意識を強く持ってトレーニングするでもいいと思います。

あっという間に、過去の自分と差をつけられます。

是非、取り入れてみてください!

それでは、本日は最高な筋トレをするためにをテーマにダラダラと語りました。

また次回もお楽しみに。

またネッ

コメント

タイトルとURLをコピーしました